高収入アルバイトの定番「家庭教師」

高収入アルバイトとして挙げられる事が多いのが家庭教師です。
家庭教師のアルバイトは昔から「高収入の定番」とも言われていました。

大学生にとっては、時間の融通も利きますし、高収入という事でそこまでみっちり行わなくとも良い額を稼げるアルバイトとして知られているのが家庭教師のアルバイトなのですが、家庭教師のアルバイトは決して楽なものではありません。

額面そのものだけで考えると、とても素晴らしいアルバイトではあるのですが、一方では実は家庭教師はいろいろと準備しなければならないのです。

忙しい女性

勉強を教える事になるのですから、当然ですが自分自身もその知識を持ちえていなければなりません。
自分が知らない事を教える事など出来ないのですから、しっかりと勉強したり、その日に教えるべき部分を復習したり。
授業よりも真剣に勉強しているという人すらいると言われているほどです。

そのため、「かけている時間」から算出すると、決して「高収入アルバイト」とは言えない部分があるのも事実です。
時給は普通のアルバイトの倍以上と高額に設定されているケースがあっても、かかっている時間として考えると決して高収入とは言えない。
そのようなケースも珍しくなかったりするのです。

看護師短期バイトなんかどうなんでしょうね。看護師さんは常に必要な職業ですし、これから給料も上がっていくかもしれないので要チェックでしょう。

「じゃあ損しているのではないか」と思う人もいるかもしれません。確かにそのように思う人がいても不思議ではないのですが、家庭教師のアルバイトはお金はもちろんですが、やりがいがあります。
自分が教えている生徒の成績が良くなっている。

これほど嬉しい事はないとさえ言われています。
ですので、家庭教師のアルバイトを頑張っている人は、当初は「高収入アルバイト」という点に惹かれてのものだったのが、いつしかやりがいを覚え、時給云々ではなく、生徒の学力が上がっていくのが楽しくなってきてやりがいを覚えるようになり、楽しくなってきたという人もとても多いと言われています。

なかなか面白い事実ではありますが。

山形はどこに行っても温泉三昧

山形県は大きく分けて4つのエリアに分かれます。
どのエリアにも人気の温泉地があり、県内全域で温泉巡りを楽しむことができるんですよ。
庄内地区には由良温泉や長沼温泉などがあります。

このエリアは海に面していることもあって、絶景を楽しめるスポットがたくさんあります。
由良温泉は海岸沿いにあるため、宿泊施設などでは夕日を見ながら露天風呂で温泉を満喫できるなど、かなり魅力的なシチュエーションとなっています。

また旅館などではその日に収穫された魚介類などがふんだんに使用された料理が提供され、本当に贅沢な時間を過ごすことができます。
夏には海水浴場で遊んで温泉で疲れを癒す人も多いようですね。
それから最上地方には羽根沢温泉や瀬見温泉などがあります。

山々に囲まれたスポットとなっていて、季節ごとに色々な景色を楽しむことができます。
山間から見える湯けむりが情緒豊かな雰囲気を醸し出してくれます。
さくらんぼ東根温泉や銀山温泉のある村山地方は、雄大な山々で囲まれた大自然のスポットです。

夜に見える星空は本当に感動もので、澄んだ空気の中心身ともにリフレッシュさせてくれます。
またさくらんぼ東根温泉は田園の温泉となっていて、少し違った温泉の雰囲気を楽しむことができます。
足湯や日帰り湯などの施設も多くあり、世代を問わず多くの人が訪れています。

温泉街では浴衣姿の女性が多くみられ、こちらも情緒豊かな雰囲気を作り出しています。
そして置賜地方では白川温泉や五色温泉などが楽しめます。

比較的高地にある温泉が多く、五色温泉は夏場に避暑地としても人気です。
高地からの眺めは最高で、まるで天空にいるかのような雰囲気を楽しめる露天風呂もあります。
昔から子宝の湯として人気の温泉地です。

このように山形はどこに行っても独特の温泉を楽しむことができるので、旅行先として最適です。
大自然の中で温泉に浸かって日頃の疲れを癒せば、元気の源にもなってくると思います。
それぞれ特徴の異なっている泉質も、色々と比較してお気に入りの温泉を見つけてくださいね。

 

外部リンク:山形の温泉旅行で米沢牛を全プラン部屋食で満喫できる宿│赤湯温泉丹泉ホテル公式HP

メタボリックシンドローム

生活習慣病といわれている肥満症や糖尿病、高血圧、高脂血症などはそれぞれが独立した病気ではなく全てにおいて肥満が原因であることがわかってきました。肥満のなかでも特に内臓脂肪型の肥満が主になっています。

肥満には2つのタイプがあり、脂肪の付く場所によってわけられています。
まずは、「皮下脂肪型肥満」ですが、これは下腹部や腰の周り、おしりや太ももなどの皮下で比較的柔らかい、見た目でも分かり易いタイプをいいます。

もう一つは「内臓脂肪型肥満」ですが、これは内臓の周りに脂肪が付いてしまうタイプで見た目では分かりにくいです。
簡単に見分ける方法としては、ウエストの周り(ヘソの高さ)が男性なら85cm以上で女性では90cm以上あれば肥満症として考え、内臓脂肪型肥満を疑った方がいいと思われます。

日本肥満学会が定めている基準は腹周囲男性85cm以上、女性90cm以上が必ずあること。血圧は最高血圧130mmHg最低血圧85mmHg以上。
中性脂肪150mg/dLまたはHDLc40mg/dL未満。
血糖値110mg/dL以上。

血圧、中性脂肪、血糖値の中で2項目以上あればメタボリックシンドロームと診断されます。
厚生労働省が平成16年に行った調査によると40~74歳迄で男性の約5割、女性の約2割の人がメタボリックシンドロームまたはその予備軍であると報告されています。

以上の事から内臓脂肪が蓄積するメタボリックシンドロームでは動脈硬化が一番起こしやすい病気だといわらています。
動脈硬化は病状が進行してからでないと自覚症状は出てきません。

メタボリックシンドロームを予防することは動脈硬化の予防にも繋がるのです。
メタボリックシンドロームは生活習慣を見直すことが出来ればほとんどは改善できると思います。

食事では間食をやめる、薄味にする、緑黄色野菜をしっかり摂る、満腹になるまで食べないなどで、少しの時間を作り身体を動かす。
例えばエスカレーターを階段に変えるなど。
お酒はほどほどにする。
といったことをするだけで改善されていきます。

 

参考:高血圧の状態でほうっておくと非常にやばいです。一刻も早く血圧を下げる努力をしましょう。血圧を下げる方法を紹介しています。